2018年5月17日木曜日

ここ最近で最も激しく心を揺さぶられた #美しい顔#群像新人文学賞



61回群像新人文学賞を受賞した北条裕子さんの「美しい人」。
これは、すごい。

最近読んだ小説の中で、最も激しく、心が揺さぶられた作品です。

主人公は、震災で津波の被害を受けて、避難所で生活している女子高生サナエ。
一人の被災者の経験、感情や思いの揺れ動きを、女子高生の語りで表しています。

事件や事故、災害で大切なものを奪われるなど、人生が大きく変わってしまう経験は、
言葉にすればするほど、現実とかけ離れてしまいそうになる気がします。
この作品は、小説(フィクション)ですが、テレビや新聞が伝えきれなかった被災者の心の奥底を、曝けだしてみせることに成功しています。

サナエの語りの生々しさが、「生きている」ということを、読者に実感させるものになっていると思いました。

実際に起きた出来事(この作品の場合は、東日本大震災)について、
どのように見ているか、感じているか。捉えているか。
それを踏まえて、どのように伝えるか。描くか。

伝える側に立つ身として、考えさせられることが多かったです。

群像 2018 06 月号 [雑誌]



#群像新人文学賞#美しい顔#東日本大震災