2018年1月22日月曜日

100歳になったら? #モチベーション#未来志向


#横山大観#山種美術館
エスカレーターで地下鉄のホームに降りていくと、
白髪の男性が3名、列の後ろのほうに並んで、電車を待っていました。
スーツにウールのコートを羽織っていらして、品の良い紳士の佇まい。
同窓会でもあったのか、久しぶりに会った帰りのようです。

100歳になった時に、また、会いたいね」
「いやぁ、100歳になった時、みんな、どんな顔してるだろう?」
そんな会話が聞こえてきました。

歳をとると、同年代の友達を亡くすことが多くなり、
寂しい気持ちになると聞いたことがあります。
友達に会えば、病気や治療、お墓の話に花が咲くとも聞きます。

でも、駅のホームで談笑されていた白髪の皆さんは、なんだか楽しそう。
100歳という、これから先の未来へ視線を向けて話をしている姿は、
とても生き生きして見えました。

どんなに齢をかさねても、寿命をまっとうするまで、未来がありますね。
視線を、少し先の未来へ。さらにずっと先の未来へ向けてみる。

未来のある時点で、わくわくしている自分の像を描いてみたいと思った出来事でした。